売るためのコピーライティング1

具体的なポイントは、

1、コピーライティングとは何か?

⇒ コピーライティングとは、「売るための文章術」「セールスライティング」です。
そして、ウェブサイトは、「売るための文章術」で書かれた広告ともいえます。

⇒ 広告とは、 “salesmanship-in-print”「セールスマンシップ・イン・プリント」。
直訳すると「印刷されたセールスマンシップ」
今から100年以上前に、”ジョン・E・ケネディ”が語った言葉です。

⇒ 広告とは紙の上にセールスマンが話すことを文字にしたものです。ですから、難しい言葉や煽り立てるような言葉を並べる必要はありません。

⇒ 普通に話しかけるように書けばいいのです。

⇒ オンラインでもオフラインでも基本は一緒です。

2、コピーを書く時の3つのポイント

(1)文章は短く完結明瞭に書く。

⇒ インターネットはすごく早い。見る人も面白くないと思ったら,一目見て次のサイト行ってしまう。

(2)ターゲットを決めて、読み手のニーズや願望などに触れ、その人たちの関係のある話として書く。

⇒ ターゲット(お客様)を知るためにリサーチする。

⇒ お客様が知りたいのは「このウェブサイトには、私が得になることあるのか?」ということ。

(3)気軽に書いてみる。

⇒ ホームページの場合は、新聞広告や印刷物の広告と違い、いつでも修正できる。

⇒ 印刷部と違いコストが安い。

⇒ いいコピーが書ければ24時間365日休みなく働いてくれるので、テストのつもりで気軽に書く。

3、コンテンツをもっと読んでもらう方法

(1)読んでもらうためにはどうすればいいかを考える。

⇒ ヘッドラインや小見出しで読み手の興味を引く。

⇒ ヘッドラインは、本文の6倍も読む人が多い。

⇒ ヘッドラインの役目は、読み手の注意を引き、本文へと導くこと。

⇒ ヘッドラインには、読み手にとって魅力あるメリットや新情報、興味をかき立てる内容、
本文を読めば見返りがある事をほのめかす文言を入れる。

⇒ ヘッドラインにUSP(あなた独自の売り)を入れるのもOK。

⇒不特定多数の人に書くんじゃなくて、1人の人に向けて書く(その人に手紙を書くように)。

たとえば、つくれば売れた高度成長期などは生産者主体のマーケティングが行われていましたし、大量消費のバブル期などは大量にモノを販売することができる流通業者がマーケティングの主役でした。その後、バブルが崩壊して消費者の財布の紐が堅くなると、顧客に合わせた商品開発が行われるなど顧客中心のマーケティングに移行してきました。
今回はこのように時代と共に変遷してきたマーケティングのタイプについて紹介していきましょう。

企業のブランディング戦略の成功例を書いていきます。