売るためのコピーライティング2

⇒ 「みなさん」ではなく「あなた」と呼びかける。

⇒ 専門用語や、難しい言葉は使わず話し言葉で書く。
(小学生が読んでも意味が分かるぐらい平易な言葉で書く)

⇒ 簡潔明瞭な文章を書く(一文は短く)

⇒ 一つの段落は、2~3行程度とし、段落の間は1行か2行空ける。

⇒ 段落のつなぎには、つなぎ言葉や小見出しを使う。

(2)「ここ、なんか信じてもらえないなあ」と思ったら

⇒ 信じてもらうために、写真、お客様の声、権威ある人からの推薦文、具体的な数字などを入れる

⇒ 「本当にそうなんですか」と言われそうなところには、文章の中で「あなたはこう思われるかもしれませんが、これこれです」と読み手の疑問に答えてあげる。

お客様にやっていただきたい行動を明確に指示する

⇒ あなたのサイトの目的が資料請求なら、その方法を分りやすく読み手につたえること。商品・サービスへの申し込みなら、「ココから申し込んでください」と明確に文章で指示すること。

タイトルがつまらないと読んでくれない

⇒ メルマガやブログが読まれるかどうかは、タイトル(件名)で決まります。

⇒ 同じように、ホームページならヘッドライン、各ページのタイトル(小見出し)や各コンテンツのタイトルによって読まれるかどうかが決まる。

⇒ タイトルには、あなたが言いたいことではなく、読み手が知りたいと思うようなことを書く。

⇒ タイトルとかには、読み手にとってのメリットを書くと読まれる確率は高くなる。

タイトルは、長いのと短いの、どっちがいいか?

⇒ 簡潔明瞭に書けるならば短いほうがいい。

⇒ ただし、書くことがきちんとあって、それがうまい具合に文章になっているんだったら、長い短いというのは、関係ない。

⇒ 読み手の注目を引き、読まれるものであれば長くても短くてもどちらでもいい。

⇒ お客さんが知りたいことがきちんと書かれているかどうかのほうが大事

マネして書く(スワイプファイル)

⇒ コピーを書くときは、「守破離」の精神で、ゼロから書くのではなくまねるところから始める。クリエイティブさは必要ない。

⇒ スワイプファイルをつくる。

⇒ スワイプファイルとは、優れたセールスレターのサンプル集

⇒ 自分が思わず欲しくなってしまったもの、注文してしまった広告、新聞やホームページ、雑誌から切り取るなりコピーするなりしてファイルしておく。

⇒ 写経(いい文章をノートに写す)するのもおすすめ。

企業のブランディング戦略の成功例を書いていきます。