ブランディングの概要とブランディング戦略について

ブランディングとは顧客の観点から発想し、製品やサービスにおけるブランドに対する共感や信頼などの顧客にとっての価値を高めていく戦略のひとつです。ブランドとして認知されている製品やサービスをさらに強化し、活かしていくことやブランドの確立していない製品やサ-ビスをブランドへと成長させていくことです。高級ブランドだけに限らず、大衆商品やサービスにまで多岐にわたります。また、それらを供給している企業や団体のほかに、建築物や人物なども対象となります。

ブランディングの概念が定着する前の日本では、企業がコーポレート・アイデンティティ、商品がブランド・アイデンティティ、店などがショップ・アイデンティティという名称で計画され実行されていました。現在での概念は発想元が買い手側によるのか、それとも売り手側によるかによって異なります。

企業は顧客から発想されるコンセプトや顧客目線の考え方を基にして、顧客のニーズや期待に応えることができるように行動する必要があります。さらに、高品質な商品やサービスを提供し続けることで顧客や取引先などの利害関係者の信頼や共感を獲得することができるといえます。そこまでの過程はブランドネームやロゴなどによる他の製品やサービスとの差別化やPRが重要になって来ることはもちろんだが、顧客にもたらされる知識やイメージなどの顧客にとっての価値を高めていくことが最大の目的となります。顧客の立場に立ち、顧客とのコミュニケーションをとることが重要であるといえます。

この戦略は短期間で効果が表れるものでなく、中長期的な継続が必要になるということです。現代社会には様々なブランドが存在し、新たなブランドを確立することは困難な状況にあります。そこで、ブランディング戦略が重要になってくるわけです。先ほども記述しましたが、多くの時間と費用を費やしても価値の向上につながっているかを図ることが難しいというデメリットがあります。しかし、そのデメリットを上回るメリットがあります。第一に、収益が向上します。高いブランド力を確立すれば、他の追随を許さないことも可能になります。顧客の信頼度が高まりによって継続購入を期待できるほか、価格の維持をすることもできます。第二に、支出を削減することができます。ブランド力を持ち合わせることで取引交渉に優位性をもつことができます。ブランドを高めることで、支出の面でも優位に交渉することができ、結果として利益の向上にもつながります。

企業のブランディング戦略の成功例を書いていきます。