企業のウェブマーケティングの成功と失敗

その1

 

いままで様々な企業のウェブマーケティングのコンサルティングや改善の実務に関わってきた人の話を聞きました。

どの企業もそれぞれに独自の商品・サービスがあり、それにともなって複雑に絡み合った様々な問題を抱えている。しかしその中にも共通しているものがあり、それはいわばウェブマーケティングを成功させるために不可欠なエッセンスなのだと思いました。

今日は、そのエッセンスを「企業のウェブマーケティングはなぜ成功しないのか?5つの理由と改善ポイント」としてまとめて紹介します。

企業のウェブマーケティングはなぜ成功しないのか?5つの理由と改善ポイント

理由その1ウェブマーケティングの運営チームが不完全だと言う事だそうです。

すべてを支えるのは人であり、ウェブマーケティングの運営体制なのです。このチームづくりがうまくいっていない場合、時間をどれだけかけてもなかなかうまくいかないといこと。これは何に対しても同じだと言えます。

では改善するべきポイントは何処なのでしょう。

まずは配置する人材をよく検討する必要がある。運営チームのメンバーは主に以下の3者から構成されます。

  1. 社内のウェブマーケティング責任者・リーダー
  2. 社内のチームメンバー
  3. 外部のチームメンバー

 

社内のチームメンバーに配置したいのは、主にブログなどを書けるコンテンツクリエイターやソーシャルメディアやオフラインで顧客や見込み客と対話ができるコミュニティマネジャーなのです。

また、問題点を素早く見つけ出すために、アクセスログを分析できる人も社内にいるといいといっていました。

そして人材は主に以下の3種に大別される。

  1. ウェブデザイナー
  2. システムエンジニア・プログラマー
  3. ウェブマーケター・コンサルタント

それぞれに得意分野や力量があり、しっかりと見極めて登用するようにしするべきなのです。

社内外の3者がしっかりかみあって、はじめて成功への扉が開かれるということを忘れないようにしましょう。

やはり良いチーム組織でないと何事も上手く行かないものです。

最高のチームワークさえあればなんだって乗り越ええられるのでしょう。

漫画のワンピースがその言い例えなのではないでしょうか。

これからは自分自身に能力がないと生きていけない時代になってくると思います。

その中でモノを売る能力はなくてはならないツールだと思います。

マーケティングのいろはをしっかり学んで、今後の激動の時代を切り開いていくために、私のお話しが少しでもお役に立てれば幸いです。

企業のブランディング戦略の成功例を書いていきます。