理由5

情報配信はしているがコミュニケーションが不足している。

最近は、メールなどでの営業などで人とのコミニケーションをとるのが下手な人が多いと思います。

営業が炊けているっと入ってもやはりコミニケーション能力が無ければ無理な話なのだと思います。

やはり、人と人とのつながりってとても重要なのっだとおもうのっですよ。

目を

見て話したり、相手の気持ちをくみとったり、考えたりしながら距離は縮まっていくんだとおもうのですよ。

情報配信をしていても、コミュニケーションが不足しているがために、情報の内容もずっとひとりよがりで誰も振り向いてくれないというのはよくあることだ。これでは成長への軌道に乗ることが出来ない。

では改善のポイントは何処なのでしょうか。

コミュニケーションを行うことで、顧客が求めるものが理解でき、また顧客からの信頼も高まるということを覚えておこう。

あなたの商品・サービス・ブランドと顧客や見込み客との接点となる場所において、何らかのアクションを引き出し、コミュニケーションが発生するような仕掛けを考えよう。例えばそこで個人情報を提供してもらえる設計にすればパーソナライズ化を促進するし、そこを基点に横に広がるように設計すればソーシャル化が促進される。これらにより深いインサイトが得られ、顧客が求めていることがよりわかるようになり、同時に多くの人へソーシャルメディアを通して広がるようになる。

コミュニケーションは何もオンラインだけで完結する必要はない。オフラインのイベントやセミナー、カンファレンスを開催するなどして、直接的な交流を深めたり、商品・サービス・ブランドを体感してもらうことも非常に効果が高い。

では、これらをまとめてみましょう。

初めにも述べた通り、ウェブマーケティングにおいて、組織や商品・サービスの数だけ複雑に絡み合った問題がある。しかし常に基本に立ち返りシンプルに考えてみることが重要だ。たった5つのポイントだが、この5つをしっかりと改善するだけで、今まで以上の結果が得られると確信している。ぜひ参考にして実際にウェブマーケティングの改善に取り組んでほしいとおもいます。

WEBを使ったマーケティングは多種多様で、広告の内容に合った攻め方をしないと費用対効果も望めない時代になってきていますので、緻密な戦略を練る必要があります。

最近のトレンドとしましては、成果報酬型のマーケティングが人気です。

みんながwebマーケティングといているこの時代。

みんな本当に意味がわかっているのでしょうか。

企業のブランディング戦略の成功例を書いていきます。